毛染めは安全か?

毛染めランキング

毛染めは薬剤なので、敏感肌やアレルギー体質の方が使用するとトラブルを起こす可能性があります。

毛染めTOP > 安全

毛染めは安全に使用できる?

毛染めは家庭で手軽に使えるアイテムとして人気ですが、その大半には化学染料が使用されています。

そのため、予備知識なしに使用すると、肌荒れなど思わぬトラブルに見舞われる可能性があります。

毛染めも薬剤のひとつであると認識し、正しい知識のもと、安全に使えるよう配慮しましょう。

パラフェニレンジアミンによるアレルギー症状に注意

一般の毛染めには、パラフェニレンジアミンという化学薬品が配合されています。

パラフェニレンジアミンは酸化染料に含まれる成分のひとつで、髪を一度でしっかり染める強力な染毛力を持っていますが、刺激性が強いことで有名です。

そのため、敏感肌の方が使用すると湿疹やかぶれを起こしやすく、肌トラブルの原因になると言われています。

また、真におそろしいのはパラフェニレンジアミンによるアレルギー症状です。アレルギー体質の方がパラフェニレンジアミンを配合した毛染めを使用すると、肌荒れの他、激しい目の痛みや咳き込み、呼吸困難など、非常に強いアレルギー症状を起こす可能性があります。

海外では死亡例も確認されてる症状なので、アレルギー体質の方は特に注意が必要です。

安全に使うために、パッチテストの徹底を

上記のような肌荒れやアレルギー症状を防ぐ有効な手段として、毛染めの前のパッチテストがあります。

パッチテストは薬剤をあらかじめ腕の内側などに薄く塗布することで、皮膚に対してアレルギー症状を起こすかどうか確認するチェックテストのことです。

このパッチテストを毛染めの前に行うことで、実際の毛染めによるトラブルを未然に防ぐことができます。

パッチテストは毛染めの48時間以上前に行う必要があるため、面倒だからと飛ばしてしまう方も多いのですが、毛染めを安全に使うために、パッチテストは必ず毎回行うよう徹底しましょう。

天然毛染めを有効活用しよう

パッチテストの結果、もし皮膚に異常があらわれた場合は、その毛染めを使うことはできません。

では、肌が弱い方や、パラフェニレンジアミンによるアレルギー症状を起こす体質の方は、どんな毛染めを使用すればよいのでしょうか。

現在は、アレルギー予防と、髪へのダメージを抑えるために、化学染料を使用しない毛染めが数多く発売されています。

中でも、利尻ヘアカラートリートメントレフィーネは、化学染料のかわりにクチナシなどの天然植物色素を採用しているため、敏感肌やアレルギー体質の方でも安心して使用できる毛染めとなっています。

さらに、デリケートな頭皮や髪を健やかに保つ天然トリートメント成分も配合されているので、パッチテストで異常があらわれた方はもちろん、髪のダメージが気になる方は、天然毛染めを活用してみることをおすすめします。

髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 毛染めランキング All Rights Reserved.