毛染めの選び方

毛染めランキング

自分に合った毛染めを選ぶには、髪質と肌質を基準にするのがベストです。

毛染めTOP > 選び方

毛染めの上手な選び方

毛染めの選び方の基準は人それぞれですが、無視できないのは個人の髪質と肌質です。

このうち、髪質は毛染めの仕上がりに関係しているため、自分の理想の色合いに染めたいなら、まずは自身の髪質をチェックしてから選ぶ必要があります。

また、肌質は染め上がりには関係しませんが、アレルギー体質や敏感肌の場合、毛染めを使用すると肌トラブルを起こす原因となります。

毛染めにはアレルギー体質かどうかテストするパッチテストが存在しますが、 あらかじめ敏感肌・アレルギー体質であるとわかっている場合は、自らの肌質に合った毛染めを選ぶようにしましょう。

ここでは髪質・肌質による毛染めの選び方を紹介します。

髪質で選ぶ方法

人の髪質は、太くて硬い硬毛と、細くて柔らかい軟毛に分類されます。

毛染めのパッケージ裏に記載されている色は、どちらかと言うと染まりやすい軟毛を基準としているため、硬毛の方はパッケージ通りの色に染まらない傾向にあります。

そのため、硬毛はパッケージよりも暗めに仕上がり、軟毛はほぼパッケージ通りの色に染まります。

よって、太くて硬い硬毛の方は、希望の色よりワントーン明るめの色を選ぶと、だいたい理想の色に染め上がります。

肌質で選ぶ方法

家庭用の毛染めは自宅で簡単に白髪や黒髪を染められる便利なグッズですが、一般的な毛染めの場合、パラフェニレンジアミンという化学染料が用いられています。

パラフェニレンジアミンは髪をしっかり染める染毛剤として欠かせないものですが、非常に刺激が強く、特にアレルギー体質の方が使用すると激しいアレルギー症状を起こす危険性があります。

パラフェニレンジアミンによるアレルギー症状が起きると、肌のかぶれや湿疹、赤みなどが発生するほか、ひどい咳や目の痛み、呼吸困難などに発展する場合もあります。

アレルギー体質でなくても、肌の弱い方の場合、肌荒れを起こすおそれがありますので、手軽だからと軽い気持ちで使う前に、必ずパッチテストを行うようにしましょう。

敏感肌やアレルギー体質の場合は、化学染料を使用しない天然色素配合の毛染めも販売されていますので、活用してみるとよいでしょう。

使いやすさで選ぶ方法

髪質・肌質の基準をクリアしたら、あとは個人の使い勝手の良さで毛染めを選びましょう

毛染めのタイプには、液状のローションタイプとクリームタイプの他にも、シャンプーのように使える泡タイプも販売されています。

ローションタイプは塗りやすいので全体染めに適していますが、液だれしやすいので生え際への部分染めにはやや不便です。

一方、クリームタイプは液だれしにくいので生え際の部分染めに役立ちますが、全体的に均一に塗るのはやや難しいと言えるでしょう。

最近人気の泡タイプは、染料が泡なので髪の内側にも均一に行き渡りやすく、ローションよりも液だれしにくいので生え際にも塗りやすいと好評です。

ただ、ローションタイプやクリームタイプに比べると、やや値段が高めの傾向にあるのが唯一の難点と言えます。

髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 毛染めランキング All Rights Reserved.