毛染めの種類

毛染めランキング

毛染めの種類は主にヘアカラー、ヘアマニキュア、一時染めの3種類に分類されます。

毛染めTOP > 種類

毛染めの種類は全部で3つ

毛染めにはいろいろなメーカーからさまざまな種類が販売されていますが、大きくわけるとヘアカラーヘアマニキュア一時染めの3種類に分類することができます。

これらの違いは染毛のメカニズムにあり、発色の度合いはもちろん、色持ちや手軽さ、髪へのダメージなどがそれぞれ異なります。

いずれも一長一短ですので、自分のライフスタイルや好みに合わせて使い分けるとよいでしょう。

ここでは毛染めの種類について紹介します。

ヘアカラー

酸化染料・アルカリ剤が含まれている1剤と、過酸化水素水が含まれている2剤を混ぜ合わせて作る染毛剤です。

アルカリ剤が髪のキューティクルを開き、髪の色素を分解・脱色してから染毛するので、一度の毛染めでもしっかり色をつけることができます。

そのため、黒髪も白髪も均等に染められるところが大きな特徴です。

色持ちもよく、だいたい2ヶ月ほど持続しますが、髪の内部にまで染料を入れるので髪への負担が大きく、繰り返し使うと髪がパサついたりきしんだりします。

色を長持ちさせたい方や、しっかり発色させたい方におすすめの毛染めですが、ダメージヘアの方には負担の大きい商品と言えるでしょう。

ヘアマニキュア

酸性染料を配合した毛染めのことです。ヘアマニキュアを髪に塗布すると、酸化染料が髪の表面のたんぱく質と結合・吸着し、発色する仕組みになっています。

キューティクルを開いて髪を脱色する過程がないので、髪への負担が少ない上、コーティング効果でツヤのある髪に仕上がります。

ただし、髪の表面を着色させるだけなので色持ちが悪く、シャンプーのたびに染料が洗い流されてしまうので、だいたい2~3週間しか持ちません。

また、髪の色素を脱色していないので、仕上がりは地毛の色と混ざったものになります。

黒色はうっすら染まる程度、白髪はやや明るめに仕上がる傾向にあるので、全体的にややまばらな仕上がりになると言えます。

一時染め

ヘアマニキュアよりもさらに簡単な毛染め法です。染料で文字通り髪に色をつけるだけなので、気になる部分をすぐに染めることができます。

スティックタイプやスプレータイプ、マスカラタイプなどがあり、特にスプレータイプやマスカラタイプは携帯にも適しているので、外出中に発見した白髪をその場でカバーすることもできます。

ただ、効果は一時的なもので、シャンプーをすればすぐに落ちてしまいます。応急処置やヘアカラーのつなぎとして使用するには便利ですが、全体染めとして毎日使うのはやや不便です。

髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 毛染めランキング All Rights Reserved.