パッチテストの重要性

毛染めランキング

パッチテストは毛染めによる肌トラブルやアレルギー症状を防ぐために必要な皮膚テストです。

毛染めTOP > パッチテスト

パッチテストでトラブルを未然に防ぐ

パッチテストはどんな毛染めを使用する場合にも、必ず行わなければならない皮膚テストです。

パッチテストはその毛染めを使った時、アレルギーを起こすかどうかあらかじめチェックするテストのことで、毛染めによるトラブルを未然に防ぐことができます。

アレルギー症状はもともとの体質はもちろん、その日の体調にも左右されますので、以前使ったことのある毛染めでも、パッチテストは毎回行いましょう。

パッチテストは実際に毛染めをする48時間以上前に行う必要がありますので、毛染めをする予定の日から逆算して実施します。

パッチテストの手順

パッチテストの手順は取扱い説明書にも記載されています。特にテスト剤の量は毛染めの種類によって異なりますので、手順がわかっていても、必ず説明書を確認するようにしましょう。

ここでは、一般的なパッチテストの手順を紹介します。

1.テスト剤を作る

1剤と2剤を小皿などに少量取り、綿棒で混ぜ合わせます。

テスト剤の混合率は毛染めによって異なるので、説明書に記載されている通りの量を使用しましょう。

2.腕の内側にテスト剤を塗る

テスト剤を綿棒に取り、腕の内側に薄く塗ります。

塗る範囲はコイン大程度が目安です。あまり塗りすぎると乾きませんので、適量にとどめましょう。

3.自然乾燥させる

テスト剤を塗布したところはそのまま放置し、自然乾燥させます。

数分経てば乾きますが、30分以上経過しても乾かなかった場合、ティッシュペーパーなどで軽く押さえて余分な染料を拭き取ります。

あとはこのまま48時間放置します。チェックは最低でも塗布後30分48時間後の2回にわけて行いますが、それ以外にも定期的にチェックするようにしましょう。

4.肌の状態を確認する

48時間以内にテスト部位に赤みや腫れ、湿疹、かゆみなど、何らかの肌トラブルが起きた場合は、発見し次第、ただちに染料を洗い流します。

パッチテストで異常が起こった場合、その毛染めを使用すると高確率でアレルギー症状を起こす可能性があります。よって、毛染めの使用は中止しましょう。

アレルギー症状の多くはアルコールやジアミン系製剤によるものが原因なので、安全に毛染めしたい場合は、これらの成分が含まれていない天然毛染めの使用がおすすめです。

髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 毛染めランキング All Rights Reserved.