毛染めの準備

毛染めランキング

毛染めの前には、身につけるもの、身の回りに置くものなど、あらかじめ準備しておくものがあります。

毛染めTOP > 準備

毛染めの前に準備するもの

毛染めを行う前には、手順の円滑性や汚れ防止のためにいくつか準備しておくものがあります。

薬剤を入れるトレイや容器、手袋などは毛染めに添付されている場合がほとんどですが、その他は自分であらかじめ用意しておく必要があります。

たいていのものは身の回りにあるので、わざわざ購入しなければならないものは少ないですが、自宅で繰り返し毛染めを行う方は、専用のものをそろえてひとまとめにしておくと、次に染める時に楽になります。

身につけるもの

ケープ 首や肩、衣類への飛び散りを防ぐため、首から肩まですっぽり覆うタイプのケープを着用します。
手袋+輪ゴム ビニール製の手袋を着用し、手の汚れを防止します。手袋はほとんどの場合、毛染めに添付されています。ズレ防止のために、輪ゴムやアームバンドでしっかりとめましょう。
保護クリーム コールドクリームなどの保護クリームを、フェイスラインや耳周り、生え際など、染料がつきやすい部分にたっぷり塗布します。こうすると、万が一染料がついても、後で落としやすくなります。
ヘアクリップ 髪をブロッキングするときに使用します。ブロッキングすると、色ムラないきれいな染め上がりになります。
前開きの服 染料を洗い流すときに簡単に脱げるよう、前開きの服を着ておきます。頭からかぶるタイプの衣類を着用すると、脱ぐときに衣類を汚してしまうので避けましょう。

身の回りに用意するもの

新聞紙 薬剤が床や家具に飛び散ると、色が移って落としにくくなります。家具や床など、自分のみのまわりにあらかじめ新聞紙を敷き詰め、汚れを防ぎましょう。
ティッシュペーパー 染料が肌について乾いてしまうと、あとで落としにくくなります。染料がついたら乾いてしまう前にティッシュペーパーでさっと拭き取りましょう。
時計 放置時間や塗布時間を計ります。見やすい場所に壁時計がない場合、置き時計や腕時計を身近においておきましょう。
鏡をチェックしながら染めると、塗り残しを予防できます。手鏡だと汚れるので、スタンドタイプの鏡を置きましょう。
カラー専用シャンプー 毛染め後の髪は染料の影響でアルカリ性になっているので、もとの弱酸性の髪に戻すため、カラー専用のシャンプー・コンディショナーを使用します。あらかじめ浴室に置いておきましょう。

その他

イヤーカバー 耳をすっぽり覆うタイプのビニール製カバーです。洗えば何度も使えるので、繰り返し自宅で染める方は用意しておくとよいでしょう。
ラップまたは
シャワーキャップ
染料を塗った後、ラップで頭部を覆うとさらに強く発色させることができます。染まりにくい硬毛の方に便利です。シャワーキャップをかぶせる方法もあります。
髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 毛染めランキング All Rights Reserved.