生え際はリタッチで

毛染めランキング

リタッチは、新しく伸びてきた生え際部分を簡単に染められるカラーリングテクニックです。

毛染めTOP > 生え際はリタッチで

生え際を染めるテクニック『リタッチ』

毛染めをすると、大体2ヶ月ほど色持ちしますが、気になるのは新しく伸びてきた生え際の部分です。

髪の伸びるスピードには個人差がありますが、早ければ1ヶ月もたたずに生え際部分が気になってくることもあります。それが白髪ならなおさらです。

毛染めは染毛力が強いものほど髪に負担がかかるので、1度使うと一定期間インターバルをあけなければなりませんが、その間生え際の白髪を放っておくのも難しいところです。

そこでおすすめなのが、リタッチという毛染めテクニックです。

リタッチは、新しく生えてきた部分の白髪を重点的に染めるテクニックのひとつで、全体染めよりも髪に負担をかけず、均一な染め上がりを維持することができます。

全体染めより染め方も手軽なので、生え際部分にはぜひリタッチを活用してみましょう。

リタッチの手順

リタッチは全体染めよりも短時間で行うことができるので、非常に手軽です。

全体染めをした後、2ヶ月くらいまではリタッチを行い、その後はまた全体染めを行うなど、2つの方法を上手に活用すると髪へのダメージをおさえながらきれいな染め上がりを維持できます。

リタッチについては取扱い説明書にも記載されていますが、以下に簡単な手順をまとめてみました。

  1. 生え際部分にのみ、染料を塗布する
  2. 一定時間、そのまま放置する
  3. 生え際部分に塗布した染料を、コームやブラシなどで毛先にまで均一に伸ばす
  4. 塗りおえたら放置せず、そのまま染料を洗い流す

リタッチのコツは、生え際部分にのみ放置時間をもうけ、その他の部分は塗った後、すぐに洗い流してしまうところです。

こうすることで、生え際とその他の部分の色ムラがなくなり、全体の仕上がりがきれいになります。

ちなみに、生え際部分は体温から伝わる熱で染まりやすいので、放置時間が長くなってしまわないよう注意しましょう。

リタッチ以外の生え際カバー法

リタッチは全体染めに比べると手軽ですが、それでも塗布や放置時間、シャンプーの手間などを考えると、ある程度時間がないと実行できません。

急な外出で今すぐ生え際をカバーしたい! という場合は、リタッチより簡単に生え際をカバーできる一時染めがおすすめです。

一時染めはスティックやスプレーなどで髪の表面に色をつけるアイテムで、シャンプーなどですぐに落ちてしまいますが、ものの数分で気になる生え際をカバーすることができます。

リタッチの時間もないという場合には、一時染めを有効活用するのもひとつの方法でしょう。

髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 毛染めランキング All Rights Reserved.