染めた後のヘアケアシャンプー

毛染めランキング

毛染めを使った後は、専用シャンプーでヘアケアを行うことがダメージ予防と色落ち防止につながります。

毛染めTOP > ヘアケアシャンプー

染めた後はシャンプーでしっかりヘアケアしよう

毛染めを塗りおえた後、一定時間放置したら、染料を洗い流すためにシャンプーをします。

毛染め後のシャンプーには、ただ余分な染料を洗い流すという目的だけでなく、髪へのダメージを抑え、色持ちを良くする意味もあります。

毛染めは髪の色素を分解・脱色して染料を浸透させるため、はじめにアルカリ剤によって髪のキューティクルを開く必要があります。

弱酸性の髪はアルカリ剤の影響によってキューティクルが毛羽立ち、脱色・染毛しやすくなりますが、髪を異物から保護しているキューティクルが開きっぱなしになっていると、髪が非常に傷みやすくなります。

また、開いたキューティクルからは染みこませた染料が流れ出やすいため、毛染め後は、開いたキューティクルを速やかに閉じる必要があります。

毛染め後はヘアカラー専用のシャンプーやコンディショナーを使用し、アルカリ性になった髪を弱酸性に戻してあげましょう。

すすぎでしっかり洗い流す

上記で毛染め後のシャンプーが重要と述べましたが、シャンプー前のすすぎも同じくらい大切です。

毛染め後は、染料がべったりついているので、いきなりシャンプーをしてもうまく泡立ちません。無理にシャンプーしようとすると、髪と髪の摩擦によってキューティクルがはがれ、パサパサの髪になってしまいます。

シャンプー前はまずぬるま湯でしっかり洗い流し、湯が無色透明になるまですすぎましょう。

また、すすぎの際、浴室やバスタブに染料が飛び散りやすいので、あらかじめシャワーで床や壁、バスタブを濡らしておくと色移り防止になります。

念入りにシャンプーする

すすぎ終えたら、カラー専用シャンプーの液を適量手に取り、手のひらでしっかり泡立てます。

いきなりシャンプー液を頭部につけると、泡立てる間、余分に髪と髪をこすることになってしまうので、必ず手のひらで泡立ててからシャンプーしましょう。

毛染め後のシャンプーはキューティクルが毛羽立ってはがれやすくなっているので、摩擦には気をつけ、やさしく丁寧に洗っていきます。

また、染料の洗い残しを防ぐため、基本的に2度洗いを行いましょう。

シャンプーの後は、カラー専用のコンディショナーを使用し、アルカリ性寄りになった髪を弱酸性に戻していきます。

髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 毛染めランキング All Rights Reserved.